月別: 2016年8月

DSCF3535

グラッパベルタの K.F.C!?

レシピは企業秘密。
通常のグラッパ、ヴィンテージグラッパ、ワインを蒸留したブランデー、そしてブドウの果実を潰して軽く発酵させそのまま蒸留したディスティッラート・ディ・ウーヴァをブレンド。

それぞれを個別に熟成させたものをブレンドしアリエ・トロンセ産225L樽の他、様々な種類の新樽に移して12ヶ月間熟成させボトリング。

グラッパでもブランデーでもディスティッラート・ディ・ウーヴァでもなく、それぞれの美味しさを結集して出来た最高傑作なのです。

DSCF3533

自社畑の誇り

自社単一畑“ロッカニーヴォ”産のバルベーラ・ダスティ種100%で造られたグラッパです。

ベルタは著名な生産者と結び付きが強く、そこから高品質のビナッチャ(葡萄の搾り残り)を譲り受け酒造りすることが多いのですがこちらは丹精込めて育てた自社葡萄から造られた逸品です。

アリエ・トロンセ産 225Lの樽で、7年3ヶ月間熟成。

DSCF3534

ベルタ版三本の矢!?

バローロ地区の3つの著名な生産者のヴィナッチャ(葡萄の搾り残り)を使用することからTRE(3)、太陽の恵みがグラッパに力強さを与えてくれるということでSOLI(SOLE太陽)という意味のネーミングです。

バローロ用ネッビオーロ種100%

アリエ・トロンセ産225Lの樽でで 7年3ヶ月間熟成。

贅沢な1本ですよね。

DSCF3532

飲むと魔法にかかります!

MAGIAとは魔法という意味です。

マジアは正確には葡萄の絞りかすを蒸留して造られるグラッパとは違い、収穫したブドウを破砕し、まるごと(実・果皮・果汁)蒸留して作られるブランデーです。

アリエ・トロンセ産225L樽で10年4ヶ月間熟成の逸品。

実際飲んでみると厚みと丸みのある豊かな香り、リッチな味わいで魔法にかかります(笑)

いやホントに!

ベルタ BERTA

By yokoi

DSCF3521

熟成グラッパの歴史を変えた蒸留所!

ピエモンテ州のランゲ地区とモンフェッラート地区の中間地点ニッツァ・モンフェッラート村に1947年創立。

ピエモンテ州を中心にイタリア全土の有能なワイナリーとつながりが強く、品質の高いブドウのヴィナッチェ(搾りカス)を手に入れることができ、伝統ある3台の単式銅製蒸留器で蒸留後、丁寧に熟成されます。

通常グラッパは熟成をすることは無く、そのまま飲むのですがベルタはその高品質の原料、原酒を丁寧に熟成。

高評価を得て今ではイタリアのほとんどの高級レストランで使われており、オバマ大統領の就任式に使われたり、バチカン市国のご用達としても認定されています。

この後1本ずつご紹介しますね。

DSCF3518

20年かかって里親の見つかった孤児!?

ディアジオ社の「オーファン・バレル・プロジェクト」の1本でオーファンとは”親の居ない孤児”を意味します。

各地の蔵に埋もれている良質の長期熟成バーボン原酒を世に送り出すことをコンセプトに蔵深く眠る貴重な原酒を探し出し、限定リリースされています。

このバーターハウス20年は閉鎖されたケンタッキー州ルイヴィルのスティッツェルウェラ蒸留所のウェアハウスで発見された原酒を、テネシー州のジョージ・ディッケル蒸留所で瓶詰めしたものです。

お宝探しで出てきたというだけでわくわくします(笑)

DSCF3516

史上最強、究極のブレンドウイスキー!

8つのモルトウイスキー
(ブナハーブン、グレンファークラス、グレンリベット、グレンバーギー、ハイランドパーク、ミルトンダフ、スプリングバンク、タムデュ)

1つのグレーン(インヴァゴードン)を使用した究極のブレンデッドウイスキー。

モルト含有率は90%、最長44年熟成の原酒をも含むこの超長熟ウイスキーは加水することすらなくカスクストレングスでボトリング!

“Best In Glass2011 GOLD”  ”IWSC2011 GOLD”
国際コンペティションを総ナメしました。

DSCF3507

70年代流通の激レアなマルティニークラム!

1755年にフランス・ボルドーで設立されたリキュールメーカー・マリーブリザール社の傘下ブランドのラムです。

詳細は定かではないのですがマルティニークの首都フォート・ド・フランスにあったウイリアム・チャールストンは1905年に発足し、 1980年代初頭に停止されたようです。

オールドボトルの市場ではなかなかラムは出てこなく、まして珍しいマルティニーク島産の熟成ラムはとても貴重、激レアです(笑)

DSCF3504

本来は日の目を見ない大事な秘蔵ストック!

カルバドス界の名士として名高いクールドリヨン社のオーナーであり、またカルバドス・ドンフロンテス協会の会長でもあるクリスチャン・ドルーアン氏の大事な大事なプライベート秘蔵ストックを瓶詰めした希少なカルバドス。

優良な原酒で特に洋ナシの含有量が多いドンフロンテ地区のカルバドスは熟成した時に際立って大きな変化を遂げると言われています。

50年近い熟成を遂げたこちらのボトルは厚み奥行き共、筆舌に尽くしがたい美味しさです。

DSCF3505

あのトゥールダルジャン が惚れたラム!!!

セーヌ川のほとりで1582年に誕生して以来、美食の都パリを象徴するレストランとして各国の王室やセレブリティに愛されてきた“ラ・トゥールダルジャン”

パリ本店のシェフソムリエ『デビッド・リッヂウェイ』が食後酒の中から厳選した、西インド諸島トリニダード・トバコ産ラムです。

味わいは、糖蜜やヴァニラを感じさせる柔らかな甘みが強調されていてこれぞまさに食後酒という味わいです。