作者別: yokoi

先日新たに抜栓いたしましたので久々にテイスティング・・・

シャトー・ポーレ社の創業は1848年、コニャック地方、スゴンザックの町の城館、シャー・ポーレを本拠としたことが社名のルーツです。

19世紀の末になって、ジャン・モーリス・ラクルーが自社製品に「シャトー・ポーレ」をブランド名として採用しました。

シャトー・ポーレ社自体は自社畑を所有していない超目利きのネゴシアンであります。

ただ未確認ですが2005年頃に大手に買収されたとの情報もあります・・・

そのポーレの希少なボリドリ100%、80年熟成!のコニャックであります。

ボルドリ産のコニャックはオイリーな味わいが特徴ではありますが、これはもう圧倒的な熟成によるオイリー感!舌の全面に重く永く80年分の歴史が伸しかかるかのように広がり至福の熟成感が口内を支配します・・・

そして飲み込んだ後には湧き上がってくる熟成オイリー香と熟成した花香のMIXされた香りが鼻腔を突き上げ余韻へと続いて行きます・・・・・

本当に美味しい・・・絶品です・・・

こういうのを飲んでしまうとやっぱりコニャックは行政区分(G.CやP.Cなどのこと)だけではないなぁと・・・

以前コニャック協会会長鯉沼さんもおっしゃっていましたが行政区分の垣根を越えて面ではなく点でコニャックを見極めていかないとダメだと・・・

つくづくその言葉を実感するボトルでございます・・・

本当に会社が解体されたならもう二度と飲めない幻のコニャックでございます(笑)

余談ですが飲み終わったグラスをあえて洗わず置いておきましたが次の日出勤してきた時もグラスは香っておりました・・・

本当に良いお酒ってそういうものなんですよねぇ・・・(笑)

お誘いを受けて、普段はなかなか行かないワインのセミナーに行ってまいりました!

今注目株のカリフォルニアのプレミアムワイン、ヴェリテとカーディナルでございます。

どちらも多品種のブレンドワインですがヴェリテはボルドー方面を向いた風味のワイン、カーディナルはこれぞカリフォルニアといった風味のワインですね・・・

ヴィンテージ違いの垂直テイスティングでしたので非常に特徴は掴みやすかったですが普段圧倒的にハードリカーをストレートで飲んでいますのでやっぱりワインは繊細ですね(汗)

とてもおいしいワインです!

もちろんお値段もそれなりでございますが・・・(汗)

しかし何だろういつも思いますが、普段こちらも圧倒的にハードリカーのセミナーにしか参加しませんがワインやシャンパンのセミナーってセレブ感が半端ではありません・・・

場所は虎ノ門ヒルズ52階のテラス付きの大ホール、椅子もテーブルもゆったりだし1部と2部構成になっていてその間の休憩時間はそのテラスでパノラマの絶景を見ながらウェルカムシャンパンを片手にピンチョスなどタパスつまむ

女性も多く皆さんパーティーの様な出で立ちだし、普段行く会議室のような場所でムンムンでやるスピリッツの試飲会セミナーとは大違い(笑)

僕はあのムンムンな感じが好きではありますが

たまにはこういう試飲会もいいかも~・・・(笑)

B2 ビーツー

渋谷にあります知る人ぞ知るバーでございます・・・

実は私、ここで修業させて頂きました・・・

日本バーテンダー協会も認める重鎮、もう35年以上も営業続く師匠砂田マスターのリアルモンスターバーでございます・・・

ここへご挨拶至るまでに酔い過ぎてしまい写真撮り忘れました・・・

申し訳ありません(汗)

DonnaSelvatica ドンナセルバティカ

先日のセミナーの講師でもありショコラとお酒のマリアージュの先駆者でもあります、その造詣の深さでは日本随一の古屋敷さんにお伺いいたしました!

今日はパイプの、またそれも深いお話!ありがとうございます!

また宜しくお願いいたします(笑)

本日は酒育の会主催、ドンナセルバーティカの古屋敷さんを講師に迎えた「チョコレートとお酒の楽しみ方」セミナーに参加してまいりました!!!

さすが酒育の会!古屋敷さん!内容が濃く深い!!!

知恵の泉というか知識の豊富さに如何に古屋敷さんが普段勉強なさっているか敬服いたします・・・

肝心のマリアージュも目から鱗の組み合わせもあり、舌にも脳にも充実のセミナーでありました(笑)

ありがとうございました!

しかし貧乏根性が抜けないのでこの様なセミナーや試飲会ではいつも思い切りお酒を楽しんでしまいます・・・(汗)

本日も思い切り気持ち良く酔いながら営業スタートでございます(笑)

宜しくお願い申し上げますm(__)m

コニャック界の至宝、ポール・ジロー氏がついに来日!!!

会いに行って参りました~(笑)

8年前にお会いした時と全く変わらないルックス、そしてフレンドリーな人柄!久しぶりに心高ぶるファンなひと時であったのと同時にコニャック・ポール・ジローまだまだ健在まだまだ末永く飲めるなぁと変に安心してしまいました・・・(笑)

さらに今回は息子さんも一緒の来日!

セミナー自体は一般の方も参加するのでコアな内容ではありませんでしたが相変わらず丁寧に大事に律義にコニャックを造るプロプリエテールの鏡のような生産者、製品だと再認識いたしました・・・

なぜか今回はツアー参加者の集合写真のみでツーショットは不可との事???

なので次世代ポール・ジロー当主、息子さんと一緒に撮りました(笑)

doux barはフレンチ系熟成酒バー、さらには熟成古酒専門店とすら思われているフシがございますが、あながち間違いではございませんが実はホワイトアグリコールラムも山ほどございます・・・(笑)
スッキリ、サッパリ!
残暑を吹き飛ばしてくださいませ・・・