タグ: 10.コニャック

先日新たに抜栓いたしましたので久々にテイスティング・・・

シャトー・ポーレ社の創業は1848年、コニャック地方、スゴンザックの町の城館、シャー・ポーレを本拠としたことが社名のルーツです。

19世紀の末になって、ジャン・モーリス・ラクルーが自社製品に「シャトー・ポーレ」をブランド名として採用しました。

シャトー・ポーレ社自体は自社畑を所有していない超目利きのネゴシアンであります。

ただ未確認ですが2005年頃に大手に買収されたとの情報もあります・・・

そのポーレの希少なボリドリ100%、80年熟成!のコニャックであります。

ボルドリ産のコニャックはオイリーな味わいが特徴ではありますが、これはもう圧倒的な熟成によるオイリー感!舌の全面に重く永く80年分の歴史が伸しかかるかのように広がり至福の熟成感が口内を支配します・・・

そして飲み込んだ後には湧き上がってくる熟成オイリー香と熟成した花香のMIXされた香りが鼻腔を突き上げ余韻へと続いて行きます・・・・・

本当に美味しい・・・絶品です・・・

こういうのを飲んでしまうとやっぱりコニャックは行政区分(G.CやP.Cなどのこと)だけではないなぁと・・・

以前コニャック協会会長鯉沼さんもおっしゃっていましたが行政区分の垣根を越えて面ではなく点でコニャックを見極めていかないとダメだと・・・

つくづくその言葉を実感するボトルでございます・・・

本当に会社が解体されたならもう二度と飲めない幻のコニャックでございます(笑)

余談ですが飲み終わったグラスをあえて洗わず置いておきましたが次の日出勤してきた時もグラスは香っておりました・・・

本当に良いお酒ってそういうものなんですよねぇ・・・(笑)

コニャック界の至宝、ポール・ジロー氏が来日し、セミナー講演されることが決定したとのアナウンスがされましたね!

2009年が最後の来日でしたので8年ぶりだそうです。

時が経つのは早いですね・・・

勿論前回の講演も参加いたしましたし今年もお伺いさせて頂きます(笑)

インポーターの尽力もありますが日本にプロプリエテールコニャックを知らしめた先駆者、そして天才情熱生産者・・・

とても楽しみです・・・(笑)

写真は全てポール・ジローでございます!

この機会に是非、ポール・ジロー・ワールドご堪能下さいませ・・・

フラパン家は、1270年以来コニャック地方、最高級認定地区グランド・シャンパーニュにあるフォンピノ城で、コニャック造りを行なってきた名門中の名門です。

更に葡萄畑は494エーカー、その他も含め総計741エーカーという地区最大の単独畑を所有しており、シャトーフォンピノ一帯に面した358エーカーは地区最高のテロワールとも言われています。

ちなみに各家の所有畑の平均30エーカー弱です・・・

コニャックの販売で本格的に世に打って出たのは19世紀末ピエール・フラパンによって創設されたメゾン・フラパンから。

こちらのドメーヌフラパンは熟成年数こそ15~20年程ですが溢れ出す芳香に芳醇な味わい・・・

熟成年数が多ければ良いもんじゃないんだなぁと改めて考えさせられる逸品です。

名門の底力を見せられました・・・

ジャン・フィユー社は1880年創業

グラン・シャンパーニュ地区の中心ジュリアルコック村に約20haの葡萄畑を所有し、葡萄の栽培から蒸留、熟成まで一貫して手造りで行うプロプリエテールであり、本命中の本命、最高峰の生産者です!

現在の当主は5代目クリストフ・フィユー氏。

レゼルブ・ファミリアルは秘蔵の古酒でつくられた同社最高級品。

リムーザンオークで50年以上貯蔵された古酒を更に吟味し瓶詰めされた特別な逸品。

深い琥珀色が物語る奥深い味わいは非常にバランスよく、至福の時を与えてくれます・・・

ヘリテージ(遺産)・・・

グランシャンパーニュ地区ジャルナック町の南に約25ha葡萄園を所有し、当主のフランソワ・ペイローと息子のステファンの家族で営むプロプリエテールです。

西欧、北米に根強いファンを持っている銘柄であり、また、リキュール生産者としても有名で、若いコニャックの原酒をベースに無着色・無香料で完成度の高いリキュールも世に送り出しています。

ヘリテージは、同社の最上位品。

ぶどうはユニ・ブラン種とコロンバール種を使用し、それを水圧式水平プレスで搾汁。

新樽で6カ月熟成の後、古樽で長期熟成させます。

そして45年以上熟成させたグラン・シャンパーニュ規格の原酒を厳選し、一切の加水をせずに樽出しのままボトリングした逸品です。

DSCF3634

熟成スペシャリスト‼

デラマン社は1759年創業、グラン・シャンパーニュの原酒のみを購入し高品質のコニャックを造る”ネゴシアン”であり、そのこだわりの古樽熟成、加水の妙技などによりフランスでも確固たる名声を誇ります。

一流レストランでもあるトロアグロやムーランドムージャンのプライベートコニャックも中身はこのデラマン社の製品です。

レゼルヴ・ドゥ・ラ・ファミーユは「一家の特別貯蔵品」と言われるコニャックで、グラン・シャンパーニュ地区のセント・プリュール近郊で蒸留された原酒を厳選。

樽同士のブレンドは一切行わず、55年~60年にわたってオーク樽で熟成させ、その後デミ・ジョン(ボンボン)というガラス製の樽に移し変えて保管、それをボトリングした大変貴重なもの。

カスク・ストレングス、シングル・カスクでボトリング

dscf3632

ブラックコニャック⁉

ダニエル・ブージュ社は創業者のアラード卿が1805年に設立

グランシャンパーニュ地区のほぼ中心にあるセント・プリュイユ村に位置し、現在はダニエル氏と息子のフランソワーズ氏の二人で高品質のコニャックを作り続けており、原料の収穫から瓶詰めまでを全て管理している「プロプリエテール」です。

WINE ENTHUSIAST誌に「ダニエル・ブージュ家は狂信的にクオリティを求める事で有名である」と紹介されています。

ダニエル氏曰く、リムーザンオークの新樽を使用していること、及びガラス製の樽(ボンボン)に入れずに、通常より長い期間木樽のまま熟成を続けること、の2点によりこのような濃色になるとのことです。

こちらのレぜルヴファミリアルは平均熟成:80年

カスクストレングス、ノンチフィルターで瓶詰めされたダニエル・ブージュの最高級品。

この個性は唯一無二です・・・

dscf3628

Heritage遺産の伝説は続く・・・

ポールジロー・ヘリテージをご紹介してこのヘリテージを紹介しないわけにはいきません・・・

創業1870年。

コニャックの中心産地、グランドシャンパーニュ・アンブルヴィル村にシャトーを構え、ブドウの原料をすべて自社畑44haのみでまかなう、問答無用のトッププロプリエテールです。

プロプリエテールとは単一蒸溜所というだけでなく栽培、蒸溜、熟成、瓶詰めを全て自社で行っている生産者の事で、その中でも特に優れているものは数社に満たないとも言われています。

コニャックの聖書(バイブル)、ニコラスフェイス著「コニャック」の中で「強さと繊細さの両極を見事に調和させた、私の味覚にとって最高にバランスのよいコニャック」とまで言わしめ、紹介されていることが全てを物語っています。

dscf3629

まさにHeritage遺産です・・・

先日、久しぶりに口にし、改めて心奪われ、ご紹介。

コニャックの最高の産地とされるグランシャンパーニュ地区のブードビル村にあるポールジロー家は1650年から400年以上続く旧家<現在のご当主が11代目、息子様が12代目。>

以前は大手コニャックメーカーのブレンド用原酒として樽売りされていました。

ポール・ジロー氏が「ポール・ジロー」として初めて自社ブランドを立ち上げ発売されたのは1976年

現オーナーの父と一緒にスタートし、今となっては説明不要のトッププロプリエテールです。

そしてこのヘリテージ!!

50年経ってもなお素晴らしい葡萄の凝縮感!!

そして熟成感あるランシオも重なり合い最高峰の美味しさです!!!

やっぱり、う、うまい・・・・・

dscf3576

私達は農夫・・・

コニャック地方で最高の産地グランドシャンパーニュ。

その中心に位置するセゴンザックの町にメゾン・ポール・ボーはあります。

19世紀にサミュエル・ボーがはじめたコニャック蒸留業者で畑はセゴンザック周辺に100ha所持しており、1977年に自らのブランドPaul Beauを立ち上げ、収穫から蒸留、熟成まで自社で行っているプロプリエテールです。

Nicholas Faithはその著書CONGNACの中で、「グランドシャンパーニュのベスト蒸留所の一つ」と著書の中で最も多く紹介しています。

「私たちは農夫です」とポールの妻デニスは誇らしげにそう言うそうです。

ポールボーのコニャックは素朴な農家のコニャック。

ランシオ香が豊富にある、昔と変わらない味わい。

このオルダージュは、同社の最高級品。

品種はユニブランと少量のコロンバール。

25~30年もの原酒をブレンドして造られています。

パリ・ジェネラル・コンクール2000/2002/2004/2006年金賞受賞!

美味しいです。