タグ: 22.セミナー

本日はカシャッサ&アグリコールラムセミナーに参加してまいりました!

最近よく耳にし常日頃疑問に思っていた同じサトウキビ原料のカシャッサとは結局何なのか何がアグリコールと違うのか!?

ただただずっと持っていたその疑念を払拭したく聞きに行ってまいりました(笑)

ブラジルの遍歴に深く関わる歴史や細かな製法も勿論良く理解できましたが何より一番思ったのはカシャッサとはブラジルの誇りなのですね・・・

ブラジル産の原料は勿論、熟成に使う樽の木材までブラジル産でなくてはいけないことや、ポルトガルからの独立の時には「独立の乾杯はポルトガルワインではなく我々のカシャッサだ」をスローガンにして民衆が戦った逸話などブラジル人を奮い立たせたり安らぎを与えたりする心のお酒なのですね・・・

やっと色々理解できました(笑)

多東さん、日本ラム協会の皆さまありがとうございました~・・・

本日は doux bar のメインアイテム!オープンの頃からお付き合いさせて頂いているバー専用ショコラ、アトリエAirgeadオーナー・ショコラティエ須藤さんの「ブランデー・酒精強化ワインとチョコレートのマリアージュ」セミナーに参加してまいりました!

香気成分などの化学用語、知識を駆使しながらもそれを噛み砕いて非常に分かりやすい言葉に置き換えて説明して下さってとても良く理解できました(笑)

こちらのショコラ、僕自身マリアージュを考えながら今まで随分食してきましたが、改めてセミナーを聞いてみると「あっ、そんな細かい食材も入ってるのか」とか「あっ、そういう香りの相性を考えながら開発されたのか」など慣れ親しんだショコラ達ですが新しい発見もあり楽しかったです・・・

個人的にも昼間から大好物の珠玉のショコラとお酒、未発売や新作も含め沢山食べれて大満足であります(笑)

須藤さんまた宜しくお願いいたしま~す・・・

目白田中屋さんのご厚意で、田中屋さんの二階で開催されたメッテの試飲会に参加してまいりました!

世界最高峰の天才フルーツブランデー職人!!!

凄いのはフルーツに限らずあらゆる食材でスピリッツを造るところで、生姜に花山椒、ナッツ類からアスパラガスにトリュフまで!

その数80種類以上あるそうですが、さすがのインポーターも全ては輸入出来ないそうで厳選した数種を輸入しており今回それを試飲させて頂きました・・・

個人的には花山椒がピリリとしているのに甘みとのバランスが良くショコラにも合いそうで意外を通り越してかなり美味しかったです・・・

しかしこのような生産者の方とお会いするといつも思いますが、自分の製品に対する気概と申しますか職人魂に感服いたします・・・

美味しいと思うお酒の後ろには必ず熱い情熱があるんだよなぁ・・・

今日も心してお酒を飲もう・・・(笑)

お誘いを受けて、普段はなかなか行かないワインのセミナーに行ってまいりました!

今注目株のカリフォルニアのプレミアムワイン、ヴェリテとカーディナルでございます。

どちらも多品種のブレンドワインですがヴェリテはボルドー方面を向いた風味のワイン、カーディナルはこれぞカリフォルニアといった風味のワインですね・・・

ヴィンテージ違いの垂直テイスティングでしたので非常に特徴は掴みやすかったですが普段圧倒的にハードリカーをストレートで飲んでいますのでやっぱりワインは繊細ですね(汗)

とてもおいしいワインです!

もちろんお値段もそれなりでございますが・・・(汗)

しかし何だろういつも思いますが、普段こちらも圧倒的にハードリカーのセミナーにしか参加しませんがワインやシャンパンのセミナーってセレブ感が半端ではありません・・・

場所は虎ノ門ヒルズ52階のテラス付きの大ホール、椅子もテーブルもゆったりだし1部と2部構成になっていてその間の休憩時間はそのテラスでパノラマの絶景を見ながらウェルカムシャンパンを片手にピンチョスなどタパスつまむ

女性も多く皆さんパーティーの様な出で立ちだし、普段行く会議室のような場所でムンムンでやるスピリッツの試飲会セミナーとは大違い(笑)

僕はあのムンムンな感じが好きではありますが

たまにはこういう試飲会もいいかも~・・・(笑)

本日は酒育の会主催、ドンナセルバーティカの古屋敷さんを講師に迎えた「チョコレートとお酒の楽しみ方」セミナーに参加してまいりました!!!

さすが酒育の会!古屋敷さん!内容が濃く深い!!!

知恵の泉というか知識の豊富さに如何に古屋敷さんが普段勉強なさっているか敬服いたします・・・

肝心のマリアージュも目から鱗の組み合わせもあり、舌にも脳にも充実のセミナーでありました(笑)

ありがとうございました!

しかし貧乏根性が抜けないのでこの様なセミナーや試飲会ではいつも思い切りお酒を楽しんでしまいます・・・(汗)

本日も思い切り気持ち良く酔いながら営業スタートでございます(笑)

宜しくお願い申し上げますm(__)m

コニャック界の至宝、ポール・ジロー氏がついに来日!!!

会いに行って参りました~(笑)

8年前にお会いした時と全く変わらないルックス、そしてフレンドリーな人柄!久しぶりに心高ぶるファンなひと時であったのと同時にコニャック・ポール・ジローまだまだ健在まだまだ末永く飲めるなぁと変に安心してしまいました・・・(笑)

さらに今回は息子さんも一緒の来日!

セミナー自体は一般の方も参加するのでコアな内容ではありませんでしたが相変わらず丁寧に大事に律義にコニャックを造るプロプリエテールの鏡のような生産者、製品だと再認識いたしました・・・

なぜか今回はツアー参加者の集合写真のみでツーショットは不可との事???

なので次世代ポール・ジロー当主、息子さんと一緒に撮りました(笑)

dscf3642

dscf3650

dscf3654

コニャックの神髄を究める・・・

そう銘打たれ、三回に分けて開催されて来ましたプロセミナー第三回目最終回に参加して参りました!!!

今回はグランドシャンパーニュ以外の細かな違いからテイスティングによるランシオ香とは何たるや!

ワインやシェリーで言われるランシオとは全く意味合いの違うコニャックのランシオの神髄!

さらに実はランシオ香とは一つではなく年月を経て変化をしていくことなどまで・・・

各地域の特徴の顕著なボトルのテイスティングも含め・・・

いや、やはり今回も神髄でありました(笑)

dscf3609

dscf3615

dscf3611

dscf3613

コニャックの神髄を究める・・・

そう銘打たれた凄いセミナーに参加して参りました。

三回に分けて開催され今回は第二回目です

いや、ホントに神髄です。

どこを切り取ってもマニアック(笑)

今回は土壌のお話が多かったのですがグランドシャンパーニュ、プチシャンパーニュなどの行政区分けを通り越し、本当の地下の地質、その内容はジュラ紀、白亜紀まで遡り、少数精鋭超絶セミナーでございました。

テイスティングもポールジローのブランから1959物までの垂直飲み‼

非常に有意義な時間でありました・・・

dscf3589

dscf3590

dscf3593

ベルタはイタリア、ピエモンテ州のニッツァ・モンフェッラート村に1947年創立された熟成グラッパの歴史を変えた蒸留所であります。

生産者の方が来日されセミナーを開かれたので伺ってまいりました!

熟成をさせないグラッパを初めて熟成させ、成功をおさめた生産者でありその手間や苦労、そもそもの熟成グラッパ愛を感じるとても良い勉強、経験になりました。

なにより昼間明るい内から超高級熟成グラッパを何種類も飲んで美味しいし気持ち良いです(笑)・・・失礼

DSCF3024

Christian Drouin クリスティアン・ドルーアンさんに会いに行ってまいりました。
クールドリヨンでお馴染みのカルバドス界の重鎮でございます。
祖父の時代からカルバドスには携わっていたものの父上の代までは販売は一切しておらず、この方が一代でクリスティアン・ドルーアン(クールドリヨン)のブランドを世界に築き上げた凄い方であります。
接してみるとお話し好きで非常に気さくなジェントルマンであります。
明治屋さん武蔵屋さん主催のセミナーであります.
最近ずっと少し疑問に思っていたクリスティアン・ドルーアン名義での発売が多くなりクールドリヨン名は少なくなっているのは何故かなぁと伺ったところ特に意味はなく名前押しでいくとの感じでカルバドスでのクールドリヨン名は少なくしていく、なくす!?ような感じでありました。
とはいえニューカマーの Le Gin は本当に美味しい
おすすめです。